【株式投資】テーマ株とは?関連銘柄・テーマ株の探し方と初心者向けの注意点

テーマ株とは、特定のイベント・政策・話題性などによって、業績に影響を与えそうと予想される銘柄群のこと。テーマに毎に関連付けられ〇〇関連銘柄などと呼ばれる事もあります。

新たなキーワードが登場するたびにテーマ株も入れ替わり、近年であれば、オリンピック関連・5G関連・キャッシュレス決済関連などが挙げられます。

ちなみに明確な定義があるわけではなく、直接的にテーマに沿った事業を行っている企業から、なんとなく関連しそうかな?という程度の企業まで幅広く括られる場合もあります。

テーマ株の特徴は?テーマを見ると何が分かる?

テーマ株の特徴

  • 値動き幅の拡大
  • 値動きの連動性

という2点が大きな特徴として挙げられます。

テーマ株は値幅が拡大し、急騰しやすい?

テーマ株として一度注目された銘柄は、ある程度時間が経ち人気が落ち着くまで、値動きが激しくなる傾向にあります。

特に、低時価総額で普段売買が少ない銘柄においては顕著に見られる傾向です。

逆に普段から注目されている超大型株なども値幅を拡大する場合がありますが、そのような時はテーマ自体の注目度が非常に高いと捉えることもできますね。

例えば2016年、ポケモンがテーマとなりポケモノミクスとまで呼ばれた大相場の事例を出してみます。

ポケモンGOアプリが公開された2016年7月6日、任天堂(7974)の株価は1万5000円を下回っていました。

しかし、ひとたびポケモン関連銘柄の筆頭と世間に認識されると、世界的な知名度を誇る大型株にも関わらず、連日急騰しわずか2週間程で3万円を超え、一時2倍以上の値を付けるまでに値幅を拡大するという結果になったのです。

またポケモン関連の小型株としては、例えばサノヤスHD(7022)が挙げられます。

サノヤスHDは子会社が「ポケモンEXPOジム」を運営していることからポケモン関連として注目され、160円前後だった株価が一時865円を付け、5倍以上の大暴騰となりました。

他にも、マクドナルド(2702)はポケモンGOのポケストップが配信開始と同時に全店に導入されていたことから関連銘柄入り。

ポケモングッズを扱っているハピネット(7552)、スマホのモバイルバッテリーを扱うHamee(3134)なども関連銘柄として一時加熱した場面がありました。

このように、一つのテーマの発生によって様々な思惑からテーマ株・関連銘柄と認知されると一気に値幅が拡大することは良くある光景と言えそうです。

テーマ株は連動して動く?

同じテーマの関連銘柄として認知されると、複数銘柄が一定期間連動するような値動きを見せる場合があります。

例えば上記のポケモン関連のテーマ株で言うならば、大本命の任天堂が急騰すると、すかさず関連のサノヤスHDが急騰、すると、さらに関連性の薄そうな次点の銘柄、そしてその次…と続々と後を追い連動するような動きが生じやすくなります。

逆に、上げるばかりでなく下げる場合にも同じことが言えますので、テーマ株を売買するのであれば、必ず関連をまとめて監視することが重要です。

テーマ株に参戦・売買するには?注意点も

値幅の拡大が魅力的なテーマ株ですが、実際に売買するのであれば注意も必要です。

以下に注意すべきポイントをまとめます。

急騰するなら急落するかも?落ち着いて売買しよう。

お伝えしたように、新鮮なテーマ株は上手く波に乗ることが出来れば大儲けを狙うことも可能です。しかし、急上昇するということは急降下もしやすくなっている可能性があることを忘れてはいけません。

新たなテーマが発生して盛り上がっていても、初動は初押しを待つのがおすすめです。

初心者のうちに意識しておきたい初動の初押しについてまとめた記事が↓です。合わせて読んでみて下さい。

中身のない上昇が起こりえる。なぜ関連銘柄とされているのかチェックしよう。

冒頭でお伝えしたように、テーマ株には明確な定義があるわけではありません。

ポケモンで言うならば、ポケモンジム運営やグッズ販売であれば、確かに誰が見てポケモン関連と思うかも知れません。

では、「ポケモンGOで楽しく遊ぶには外に出た方がいいから、運動靴メーカーも関連銘柄になる?」と聞かれたら、もしかしたら意見は割れるのではないでしょうか?

このように、テーマ株が人気化するとある種の連想ゲームのような事態が発生する場合があります。

特にツイッターなどのSNSにおいて良くある事象で、さすがにそれはないだろうと思えるような銘柄が関連銘柄として拡散されていることあるため、情報を鵜呑みにせず必ずご自身で考えてから売買することをおすすめします。

見当違いな情報で株価が吊り上がってしまうことも小型株においては良くあることで、間違いに気付いたころは全戻しかもしれません(泣)

テーマ性のある投資信託には要注意

個別株の話からは逸れてしまいますが、投資信託について。

さすがにポケモンに特化した投資信託を見たことはありませんが、長期的に続くて株式テーマが存在する場合、それに合わせて投資信託も発売される場合があります。

例えば5Gやサイバーセキュリティーなど、国策に絡むようなテーマに多いイメージです。

はっきり言ってしまうと、僕の考えではこれらのテーマに沿った投資信託を買う価値が見出せません。

あくまで個人の意見ではありますが。

  • 手数料が高いこと
  • 新規設定されるのがある程度テーマが盛り上がった後である可能性があること
  • 投資信託を活用して関連銘柄に集中投資したいなら、そもそも個別株を買えばいいのではないか

ということなどが理由です。

投資信託についての注意点などは以下記事でもご紹介しています。

テーマ株の探し方

どのようなテーマ株があるのか、タイムリーな情報を探したい方には以下のサイトがおすすめです。

◆株探以下のように、人気テーマをランキング形式で紹介してくれています。

個別銘柄のページへ飛ぶことも出来るので新しい銘柄を探す場合には使いやすいと思います。

f:id:mskwblog:20190618223623j:plain

kabutan.jp

◆みんなの株式こちらも、ランキング形式や一覧形式、また急上昇のテーマについても探すことが出来ますのでチェックしてみて下さい。

f:id:mskwblog:20190618224011j:plain

minkabu.jp

◆アセットアライブ株式情報こちらは、2019年6月時点でテーマを細かく1108分類し掲載、テクニカル分析も合わせてリンク先で紹介してくれるのでおすすめです。

f:id:mskwblog:20190618224649j:plain

www.asset-alive.com

まとめ

テーマ株とは、特定のイベント・政策・話題性などによって、業績に影響を与えそうと予想される銘柄群のこと。

値動きが激しくなる傾向にある。

関連銘柄は連動した動きをしやすくなる。リスト化しておくのがおすすめ!急騰があれば急落もあるので注意しよう。

全く関係なくても関連銘柄と煽られる可能性があるので注意しよう。

テーマ性のある投資信託はおすすめできない。

注意点を押さえつつ株価情報サイトで情報収集してみよう。

このあたりで本日はおしまいです。おつかれさまでした。

かぶと

テーマ株のような値動きの激しい株は、ある程度経験を積んでからの売買が安心だね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です