比較的安全で低リスクな資産運用|日本の「個人向け国債」は投資初心者にもオススメです。

今回は投資・資産運用の初心者の方にもおすすめ日本の個人向け国債についてご紹介します。安全性が高く低リスクでチャレンジが出来るため、投資は怖いという方にも安心です。

長寿化や少子化の影響で老後資金が話題に上がることも多くなってきましたよね。

「なんとなく資産運用について興味が出てきた」という方もいらっしゃると思います。

本記事では

  • 投資や資産運用をしたことはないけど興味はある
  • 将来に備えて堅実にお金を貯めていきたい
  • 投資にチャレンジしたいけどリスクが高いのは嫌だ
  • ただ貯金だけしているのは何となくもったいない

これらに当てはまる方にオススメできる日本の個人向け国債についてご紹介していきたいと思います。オススメである5つの理由も合わせてご説明しています。

そもそも国債とは?

国債とは、各国が発行する債券のことで、国が「あなたに借金をしましたよ」と言う証明書のようなものです。

国債を持っていると、満期が来た時に国債を買った元本(投資した満額)が返ってくるうえに、利子も受け取ることが出来るという仕組みになっています。国が発行する債券ですから、元本と利子については国が保証してくれており非常に安全性が高く低リスクな商品と言えるでしょう。

※すべての国が必ずしも安全性が高いというわけではありません。

日本の個人向け国債が、資産運用初心者の方にもおすすめ!

日本の個人向け国債とは、日本国が個人の投資家を対象に発行している国債のことです。

個人でも少額から投資しやすく設計されているため、低リスクで安全性の高い投資にチャレンジすることが出来ます。

個人向け国債をオススメできる5つの理由を以下にまとめました。

1万円から1万円単位で投資が可能!

日本の個人向け国債は、満期までの期間と利子の違いにより3種類の商品(後述します)が存在しますが、どの商品も最低1万円以上から1万円単位で購入できます。

まとまった現金はないけど、将来に備えて少しずつでも投資をしてみたいとか、経験を積んでみたいという方でも比較的簡単にチャレンジできますね!少額で始めることが出来るので、いきなり大失敗をする可能性は非常に低く安全です。

かぶと

お小遣いからでも投資が出来そう!

中途換金しても元本割れはしない!

国債の発行後、1年以上経過すればいつでも中途換金が可能です。

一年経てば、中途換金した場合にも元本割れは発生しないため、「やっぱり辞ーめた」でも問題ありません(笑)

1万円から低リスクの商品に投資が出来る上、いざ現金が必要になったら比較的早い段階で換金が出来るので取り組みやすいですよね!ただし、解約した場合にも元本分は保証されますが、利子の分は貰える額が少なくなってしまいますよ。

やはり安全性で言えば、様々な金融資産の中でも上位であると言えますね。

かぶと

やっぱり損をするのは嫌だよね!

最低でももらえる金利が保証されている!

日本の個人向け国債は、最低限これだけはもらえるという金利の下限が保証されています。

年率で0.05%となっています。現在、主要メガバンクの定期金利であっても少額であれば0.01%程度に収まっており、それと比較しても約5倍の金利が受け取れる計算です。

リスクが非常に低い中、少しでもプラスになったら嬉しいですね!ただしネットバンクでは更に高金利の場合もあります。ネットバンクに抵抗が内容でしたら検討の価値はあるでしょう。

参考:三菱UFJ銀行

参考:あおぞら銀行

かぶと

投資をするなら増えなきゃやってらんないね!!

半年ごとに利子を受け取れる!

銀行の定期預金も個人向け国債と同様に、元本が保証され利子も受け取れるという共通点があります。

定期預金の場合は解約時にまとめて利子を受け取ることが一般的ですが、国債の場合は半年毎、つまり年に2回利子を受け取ることが出来るんです。

いつ受け取ろうが同じと考える方もいらっしゃると思いますが、受け取る回数が多いと、例え少額であっても投資をしているという実感も湧きやすく、モチベーションもあがり、お金に対する意識が上がるような気がします(笑)

貯蓄や投資に意識を向けるということ自体が、将来に向けての資産形成に繋がると思いますので、あえてメリットと書かせていただきました!

かぶと

少額だって立派な投資家!

身近な金融機関でだれでも簡単に買える!

個人向け国債は、銀行や証券会社などの身近な金融機関で簡単に購入できます。

メガバンクや地方銀行はもちろん、郵便局やネット証券でも販売されていますが、個人的にはネット証券もおすすめです。わざわざ足を運ばなくても全く同じ国債が購入できますので便利ですよ!

現在、日本の個人向け国債を購入できる取扱機関の一覧は、財務省のHPで確認できます。

また国債は毎月発行されていて、募集期間内に申し込みをして購入手続きをすることになります。金融機関に口座を開いていればどなたでも簡単に申し込みが出来ます。

そして今の時代ペーパーレス化が進んでおり、国債においても同様です。紙であれば紛失しないよう管理も手間になりますが、金融機関で記録がされますので、面倒なこともなくお手軽です。

かぶと

管理は金融機関に任せとけば安心だね!

日本の個人向け国債はどんな種類があるの?

個人向け国債には3種類の商品があります。

金利のタイプによって

  • 【変動10年】
  • 【固定5年】
  • 【固定3年】

の3種類です。

以下にそれぞれの特徴をまとめました。

変動10年

情勢に応じて半年毎に適用される利率が変動する商品。(前述の通り最低0.05%は保証)

最低0.05%の保証がありながら、今後金利が上昇した場合には半年毎に受け取れる利子が増額する可能性があります。

今後金利の上昇が見込まれると考える場合には変動10年のタイプが有力です。

固定5年

発行時の利率が5年後の満期まで変わらない固定金利が適用される商品。

利率の変動がないため、確実に決まった利子を受け取ることが出来ます。

最終的に元本と合わせていくらになるのか計算できるため、計画的な資産運用がしたい方に向いている商品です。

固定3年

発行時の利率が3年後の満期まで変わらない固定金利が適用される商品。

固定5年と同様に満期まで利率の変動がなく、固定5年より早く満期を迎えるタイプです。

より近い将来に備えたい場合や、試しに買ってみたいという場合などは3年であればさらにチャレンジしやすいと思います。

いずれにしろ中途解約も出来ますが(笑)

利子を満額受け取るためには、満期まで持ち続ける必要があるので、ご自身のライフスタイルを考えてご検討ください。

その他国債の存在

さて、ここまで日本が発行する個人向け国債のご紹介をしてきましたが、実は日本が発行する国債は法人向けの物など他にも多数存在するんです。

参考:財務省HP 保有者層の多層化

そしてもちろん日本以外の国もそれぞれ様々な国債を発行しています。

しかし、投資初心者で個人の方であれば、本記事でご紹介した日本の個人向け国債が分かりやすく、またリスクも低い安定した金融商品ですので、はじめの一歩としての投資にはオススメです。

あえて個人向けに設計されているため、非常にシンプルでわかりやすい内容になっているのもメリットと言えますね。

また、次点として米国債あたりもおすすめで、こちらも日本同様元本割れのリスクは非常に少なく、日本より利率がよく、世界的にも注目されています。ただし、為替リスクなど、慣れないうちは混乱の元にもなりかねないので、まずは日本国債へのチャレンジが無難にオススメです!

日本の個人向け国債 メリットまとめ

日本の個人向け国債のメリットは以下の通りです。

  • 1万円から1万円単位で投資が可能!
  • 元本は中途換金しても守られる!
  • 最低でももらえる金利が保証されている!
  • 半年ごとに利子を受け取れる!
  • 身近な金融機関でだれでも簡単に買える!
かぶと

3種類の中からそれぞれ志向にあった商品を選んでチャレンジしてみてね!

では今回は以上です!

お疲れさまでした~

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です