インターネットで賃貸物件を探す人が気をつけるべきポイント

業者に騙されるな!賃貸物件を探す際に注意するポイント

どうもこんにちはぼんでぃです。

先日引っ越しをするべく賃貸物件の契約を行いました。

賃貸物件を借りるとき、少しでもいい部屋に住みたいですよね。

僕は学生時代、不動産仲介のベンチャー企業で3年程働いていたため物件探しのポイントをある程度把握していたのですが、普通にしていると知りえない事もあるんじゃないかと思って記事にしています。

ぼんでぃ自身、賃貸物件の契約は今回で2回目にです。実際の流れに沿って書いていききますので是非参考にしてみてください。

入口から出口まで一気通貫で書いてしまおうと思ったんですが、想像以上に長くなってしまいそうなので分けて書いていくこととします。

※あくまでぼんでぃ自身の経験に基づくものであり、すべてのケースに当てはまるものではありません

賃貸物件を借りるまでの流れ

まずは賃貸物件を借りるまでのプロセスです。

  • インターネットでひたすら物件を検索し続ける
  • 内覧に行く
  • 不動産業者と親交をはかって新着物件の紹介をもらう
  • 気に入った物件に申し込み、審査を行う
  • 諸費用の交渉を行う
  • 実際に契約する

だいたいこんな感じですね。

一連のプロセスを行うのに、物件が見つかるかどうかと、賃貸物件の入居開始時期にもよりますが、最速で2週間~1か月程度かかると思ってください。

インターネットで物件を検索してみる

まず、借りたい地域と条件を決めたらインターネットで検索をひたすら行います。

主な目的はその地域の賃貸物件の相場や物件の雰囲気を知るためです。

サイトによって出てくる物件が微妙に違ったりしたので、僕は複数サイト利用していました。

おおどころでいうとSUUMOHOMESあたりですかね。

少し賃料高めの所を調べたい場合はモダンスタンダードプロパティバンク等の高級賃貸専門の所も選択肢に入れておくといいと思います。

サイト選びにおける注意ポイント

SUUMOやHOMES等のポータルサイトは仲介業者の仲介をしてくれる会社であり、物件情報の請求を行う時も請求を行いたい仲介業者を選択できるようになっています。

ですが、高級賃貸専門サイト等は直接そのホームページを運営している会社がそのまま仲介業者になってしまいます。

参考までに空きを照会する程度ならどこに請求をかけても構いませんが、仲介業者の質は各社開きがあるので、実際に仲介に入ってもらう場合はよくよく業者の口コミ等を調べてみてください。

口コミを調べる時におすすめなのは、GOOGLE等で検索することのほかに、GOOGLEMAPでその会社と担当するであろう支店の場所を検索してみましょう。

仲介業者は無数にあるので口コミが少なかったりするんですが、GOOGLEMAPにも一定のユーザーが生の声を書き込んでいる事があるので侮れないです。

この作業を通じて大体の相場観を掴むとともに、仲介に入ってもらう会社を選別します。

インターネット掲載物件は釣り物件も多い

ポータル等に掲載されている物件は必ずしも空いてる物件だとは限りません。

これだ!!と思った物件を問い合わせしてみたら、他の人が申込み中であったり、下手したら入居が決まっている物件も多く含まれます。

ここにはこんなからくりがあります。

一般的に仲介業者に速報性が高い新着物件情報が届く

仲介業者の顧客に希望に合わせた物件情報を配信する

リアクションがなかったらポータルサイトに掲載する

こういうフローを踏んでいるので、ポータルに掲載されている情報は仲介業者が顧客に配信しスルーされた後の二次情報になっている事が多いということですね。

しかし、一番手で申し込みが入っていても一番手の方がキャンセルしたり、審査落ちしたりする事はよくあります。

自分が良い物件だと思った場合は2番手でも申し込みを入れておくことをお勧めします。

実際に仲介業者に会ってみよう

ある程度相場感が掴めた段階で、仲介業者に会ってしまう事をお勧めします。

仲介業者に会う場合は1社だけでなく、2~3社会うようにしましょう。

これは、いくら調べても業者の良しあしは担当者に依存する部分が強い部分があり、外れを引いてしまう可能背が十分にあるからです。

また後述する費用交渉の時にも役に立ちますので複数業者と接触するようにしてください。

インターネットに掲載されている物件の殆どはどの仲介業者でも仲介できる物件なので、例えばA社の対応が悪かったとしてもB社にその物件の情報を持っていけば仲介してもらえます。対応の悪かったA社にこだわる必要はないというわけですね。

稀に専任媒介契約(名前があってるかわかりませんw)を結んでいる物件がありますので、そういった物件は特定の業者しか扱えないようです。

※メールのやり取りで「人気物件なので審査をしてしまいましょう、後でキャンセルもできますから」と煽ってくる業者も多いですが、一度審査の申し込みをしてしまうと業者の変更ができなくなってしまいます。

基本的には賃貸物件は早いもの順になるので、一番手で申しこむ事は大切なポイントになるのですが、その先の交渉に関わってくるので物件に対する熱量を天秤にかけて慎重に判断してください。

さいごに

物件探しは一生に何度も訪れる事はないと思ったので、ほとんどの人が素人だと思い思います。

知らないと損をしてしまう情報が意外にたくさん隠れているので、このシリーズを通して勉強して頂けると幸いです。

読んでいただいてありがとうございました。

ランキングの協力お願いします!

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です