【2019年】初心者は株式投資をどうやって勉強すればいいの?【勉強方法まとめ】

本記事では、株式投資の具体的な勉強法についてご紹介していきます。

投資未経験や初心者の方であれば

「株式投資を始めてみたいけど、株ってどうやって勉強すればいいの?」

という悩みに突き当たる方も多いと思います。

これから株をどうやって勉強をしていけば良いのかと考え、なんとなくイメージが涌くのは

  • 日経新聞を読んでみる
  • 投資関係の本を読んでみる
  • ネットで調べる

といった方法でしょうか?

基本的にこれらで問題ないのですが、もう少し具体的にしておくと良いでしょう。

どうやって株の勉強すればいいのか明確にしておくことで、初心者の方でも安心して勉強を進められるはず

今回はオススメの勉強法をまとめておきます。ぜひ興味の涌くところから始めてみてください。

  • 1.株式投資の本を読んで勉強
  • 2.経済ニュースを見る
  • 3.株式投資に特化したニュースサイトを見る
  • 4.企業の開示情報を見る
  • 5.SNSで情報収集
  • 6.ブログを読む

1.株式投資の本を読んで勉強

どうやって株の勉強をすればいいのか分からない方には、まず本を読むことをオススメします。株に限らず、投資や資産運用の世界では、勉強を重ねる上で当然知って置くべき基礎知識や、専門用語が盛り沢山です。

株をどうやって勉強すればいいのかと迷っている状態であれば、最低限の必要な知識が不足している可能性もあるでしょう。今後、より高難度の話に進むためにも、まずは株式投資の入門書に目を通し、基礎知識や用語を覚えることから始めてみましょう。

株の初心者の方が一般的な入門書を読んだだけでは、実践では上手くいかないことも多いかも知れません。

しかし、基礎知識や専門用語は、スポーツで言えばルールです。料理で言えば調理器具の使い方です。どんなに高度な技を練習するにも、おいしい料理を作るにも、基礎を無視する訳にはいきませんよね?

知っていれば勝てるという事ではありませんが、知らなければ勝負にならない最低限の知識もあるのです。

早いうちから基礎をしっかり身に着けておくことで今後の勉強や資産形成も捗るはずです。基礎を飛ばさず、コツコツ積み上げていきましょう。

このような基礎を学ぶ上では、ネット検索やSNSよりも、体系的に情報がまとまっている書籍を読んだ方が効率よく学べることでしょう

具体的にオススメの入門書は、以下ページでまとめております。全く未経験の方でもスムーズに投資の世界に入れるようなラインナップを厳選しました。

2.経済ニュースを見る

本で基礎知識や専門用語をある程度覚えたら、次は経済ニュースを見てみることもオススメです。個別の企業に株式投資をする場合であっても、市場動向を追い、状況を把握することは大切です。

入門書等で勉強された方であれば、為替や重要指標による市場への影響についてピンとくる事でしょう。学んだ内容を、実際の動向と照らし合せて実践的な経験を積んでいきましょう。

また、株をどうやって勉強していくかと聞かれたら、「日経新聞を読む」とイメージされる方も多いと思います。

日経新聞も、世の中の動向をみるという意味で悪くない情報源ですが、株式投資の目線では、実は他にも有用な媒体が沢山あります。

経済ニュースを見てみたいという時に役立つ情報源、具体的な情報収集の方法について以下記事にまとめております、是非ご参照ください。

3.株式投資に特化したニュースサイトを見る

個別の企業に投資をしてみたいという場合、どうやって投資先の企業を探せばいいのでしょうか?

そんな時は、株式投資に特化したニュースサイトも参考になります。

今注目されている会社、業績がいい会社、新しいサービスを開始した会社など、毎日欠かさずチェックすることで、何か発見できることがあるかも知れません。

新聞や経済ニュースサイトは、どうしても有名企業や大手企業の話題が多くなります

しかし、株式投資に特化したニュースサイトであれば、一般には知名度の低い会社や、比較的規模の小さい会社についてもしっかり取り上げられますので、選択肢を広げることが出来ますよ。

見やすいサイトを選んで頂ければよいのですが、以下のあたりが有名です。

4.企業の開示を見る

次は企業の開示情報を見てみるという勉強方法も良いでしょう。

開示情報とは、各シーズンの決算発表であったり、新規サービスの説明、その他重要事項など、様々です。上場企業であれば、各企業のHPからでも確認することが出来ます。

初心者の方が、どうやって勉強するのかという目線では、過去の開示情報があったタイミングと、当時の株価・チャートの動きを見比べるという作業がオススメです。

例えば

  • 決算発表ではどのような数字が出て、その後の株価はどうなったのか?
  • 新たなサービスを公開したその後の株価はどうなったのか?

といった視点です。

これを繰り返し、開示情報を見た時に、その後の値動き予想できるように訓練を重ねましょう。時間はかかりますが、株式投資は一朝一夕には身に付かないと思って、頑張ってみてください。

5.SNSでも情報収集

少し株式投資の勉強も進んできたなと感じたら、ツイッターなどのSNSでも情報収集をしてみましょう。

現実のつながりでは、なかなか投資家の先輩や、仲間に出会える機会も少ないかも知れません。しかしSNSなどのネット上であれば、経験のある投資家の方から情報を得られる機会も少なくありません。

こんな見方や考え方があったのか」と気づきが得られれば儲けものです。

ただし、ネット上の発信者は、全員が善意を持って発言しているとは限らないため、その見極めは重要です。情報商材や高額セミナーへの誘導が目的の場合も多々ありますのでご注意ください

株式投資で勝つために、「これさえ知っていれば勝てる」という情報はありません。あくまで総合的な知識、情報、努力が必要です。

高額セミナーに行くくらいなら、一つでも多くの開示を見るなり、チャートを見るなりした方が有意義でしょう。

そこさえ気を付ければ、SNSでの情報収集も十分有効です。

6.ブログを読む

SNSと合わせて、個人投資家のブログも大変勉強になります。

ツイッターなどでは、文量の問題もあり、深く突っ込んだ話は少なくなってしまいがちです。その点、ブログであれば好きな主張を好きなだけ語ることが出来ます。

「この人は信用できそうだ」「この人は分析力がすごい」と言う方を見つければ、是非ブックマークして読み込んでみてください。

こと投資に関しては、うわべの説明よりも、実際に経験を重ねた個人投資家の方の発信の方が勉強になることも多いです。

経験者がどうやって勉強してきて、どんな目線を持っているのか、真似るところからスタート出来れば効率的ですね。

当ブログでも情報発信はしていきますが、幅広い視野を持って、複数の情報源を持つとこが大切だと感じます。この人の発信だけ信じればいいという事は無いと考えましょう。

常にアンテナを張って情報収集に努めることも、勉強の一環と思って頑張って探してみましょう。

おわりに

今回は、投資をこれから始めてみたいという初心者の方が、どうやって勉強を進めればいいのか迷った時の選択肢をまとめてみました。

とりあえず実際に投資を始めてみるというのも勉強になると思います。

しかし、それには当然リスクも発生しますので、

  • 最低限のルールを把握という意味で入門書を読む
  • 損失が出ても後悔しない程度の金額でスタートする

以上2点をオススメしておきたいと思います。

しっかり着実に投資家への道を歩いていきましょう。

今回はこのあたりで。お疲れ様でした~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です